子供の身長を伸ばしたい親御さんへ

お子様の身長がなかなか伸びなくてお悩みの親御さんは非常に多いでしょう。

 

実際に当サイトをご覧の方は、お子様の身長が伸びなくて悩んでいるからこそ、当サイトにたどり着いたと思います。

 

私も中学1年生の子供がいますが、今でこそ平均くらいの身長はあるものの、小学生の頃は子供が本当に背が低くて、子供自身も本当に悩んでいたのです。

 

なぜなら、私の子供は背の順で一番前だったからです。

 

子供にとって、身長の高さは一種のステータスとなります。なぜなら、私自身が身長が低かったからこそ、身長が低い悩みは痛いくらいわかるのです。

 

私の現在の身長は極端に低いわけではありませんが、168cmと平均身長よりは少し低いです。そして、私は小学生の頃は本当に背が低くて150cm以下の身長でした。

 

私の場合は中学校を卒業したくらいから身長が伸び始めて、今の平均よりは少し低いくらいの身長になりましたが、当時は背の順でかなり前の方だったので、実は子供の頃は背の低さがコンプレックスでした。

 

そして、妻も平均よりちょっと低いくらいの身長ですので、もしかしたら子供の身長の低さは遺伝なのかもしれないと思った時期もありました。

 

ですが、自分の身長があまり高くなかった悩みを子供にも味わってもらいたくないため、一生懸命身長を伸ばす方法を調べてみました。

 

子供の身長が低いことに遺伝は関係あるの?

私自身の身長が低いからといって、遺伝が原因で子供の身長が伸びないことはないと思っていました。

 

というのも、背の高い芸能人の親の身長が高いかというと、そうでないことが大半だからです。

 

で、私が子供の身長を伸ばしてあげたいという思いが通じたのか、なんと背の順で一番前だった子供の身長が、今では約155cmになりました。

 

中学1年生ですので、155cmという身長はおそらく平均くらいだと思います。実際に背の順は真ん中くらいらしいです。

 

極端に大きくなることはありませんでしたが、平均身長くらいあれば子供が身長の低さで悩むことはおそらくないでしょう。

 

今では私の子供も全然身長には悩んでないようです。

 

私としては、どうして自分が子供の頃に身長を伸ばす方法を知らなかったのかと、これまでとは違う悩みを抱えるようになったくらいです(笑)

 

子供の身長を伸ばす方法とは

ここでは私が実際に自分の子供の身長を伸ばすために行った方法をご紹介します。

 

なお、ここで私がお伝えした方法を実践しても、もしかしたらあなたのお子様の身長は伸びないかもしれません。

 

というのも、実際に私の子供の身長が伸びた要因は、実は単に成長期だっただけかもしれないからです。

 

なので、ここで紹介する方法は、あくまでも私の子供の身長が伸びた際に私が取り組んでいたこととなります。

 

この方法で全ての子供の身長が伸びるというものではないことをご了承ください。

 

子供の身長を伸ばすために最も必要なものは「栄養」

結局のところ、子供の身長を伸ばすために最も必要なものは「栄養」です。

 

というのも、私が子供の頃に身長が低かったことを冒頭でお話ししましたが、実は私は偏食で、食べ物の好き嫌いが多かったのです。

 

そして、それを見て育ったからか、私の子供も偏食だったのです。偏食で栄養バランスが悪かったら背が伸びるわけがありません。

 

少し考えてみればわかることだったのですが、子供が大きくなるために必要なものは栄養であることは明確でしょう。

 

子供の身長を伸ばす方法はニュースサイトから入手した

なぜ私が子供の身長を伸ばすために最も必要なものが「栄養」だと断言するかというと、それは某有名ニュースサイトに記載してあったからです。

 

ニュースサイトに記載していることの全てが正しいとは思っていませんが、大手企業が運営している情報はある程度信頼できると私は判断しています。

 

で、そのニュースサイトに記載されていたことは、「日本人の平均身長が伸びているのは食生活の欧米化による」ということです。

 

ニュースサイトによると、昔の日本人は小さかったのですが、戦後に食生活が欧米化してから、平均身長が右肩上がりに伸びているそうです。

 

まだ世界的に見れば日本人は背が低い方でしょうが、実際にアジアの中では日本人が最も背が高いことは事実です。

 

これは日本がアジアの中では経済的に発展しているからでしょう。

 

話が横に逸れましたが、これが私が子供の身長を伸ばすのに必要なのは「栄養」だと断言する理由です。

 

運動や睡眠は子供の身長を伸ばすために必要か?

もちろん、運動や睡眠が背を伸ばすために必要な要素ではあると思いますが、それ以上に身長を伸ばすために必要な要素は栄養でしょう。

 

実際、ゲームやスマホが普及したことなどの弊害か、今の子供は娯楽がたくさんあるために外で遊ぶことが少なくなりました。

 

それによって最近の子供は運動不足による筋力低下が多く、また睡眠不足な子も多いと聞きます。

 

でも、身長は我々が子供だった頃に比べて伸びているのです。これが身長を伸ばすために最も必要なことは栄養だという証拠でしょう。

 

なお、運動や睡眠は身長を伸ばすためにはそこまで重要ではないと私は考えています。

 

というのも、子供の頃からスポーツをやっていて、将来トップアスリートになる選手でも以外と背が低いことが多いからです。

 

また、その中でも子供の頃からボクシングをやっていた子供は、平均身長よりも低いことが大半となりますが、ボクシングは階級制という競技の性質上、あまり身体が大きくない方が有利であることから、子供の頃から食事制限を行っています。

 

そして、子供の頃から食事制限をしていた影響か、やはり身長が伸びていないのです。

 

このことも、私が「栄養」こそが身長を伸ばすために最も必要な要素と確信していることとなります。

 

カルシウムが背を伸ばすというのはウソ?

カルシウムを摂取すれば身長が伸びると聞いたことがある方が大半だと思いますが、実はこれは半分ウソです。

 

というのも、カルシウムは骨を強くするための栄養素だからとなります。

 

もちろん、カルシウムは身長を伸ばすために必要な栄養素ではありますが、もっと身長を伸ばすために必要な栄養素は他にあります。

 

実際、私は乳製品が大好きで、子供の頃から毎日牛乳を飲んでいますが、身長は低い方でした。

 

このように、自分の体験があるからこそ、カルシウムだけが身長を伸ばすわけではないと断言できるのです。

 

では、どのような栄養素が身長を伸ばすために必要なのかというと、それは「タンパク質」となります。

 

カルシウムは骨を強くするための栄養素であり、実は身長を伸ばすために最も必要な栄養素は「タンパク質」なのです。